ウェルスマネジメントとプライベートバンキング

多くの日本人は知らないサービスの一つに、
 ウェルスマネジメント
 プライベートバンキング
というお得意様(富裕層)向けのサービスがあります。
世界的には、一つの金融機関に3億円以上の金融資産を預けると受けられることが多いVIPサービスです。
日本の銀行や証券会社にも、5億円以上預けている富裕層の顧客向けのサービスとして、実はほとんどの信託銀行や証券会社にあります。

ウェルスマネジメントやプライベートバンキングといったサービスでは、売買手数料の他に、運用益の数%も支払うことになっています。
(イメージとしては、アメリカなど海外の優秀な投資顧問に、成果報酬で資産運用を委託するイメージに近いです。)
つまり、金融機関にとっては、ウェルスマネジメントやプライベートバンキングで預かったお金は金融商品の売買手数料ではなく、運用益の数%がメインで稼ぐことになります。
一般の日本人には一括で投資信託の購入をすすめることが多い銀行や証券会社ですが、VIPサービスでは成果報酬で資産運用の提案を頼むことができるのです。

ウェルスマネジメントもプライベートバンキングも、基本的にはモダンポートフォリオ理論に沿って、金融機関が運用計画を提案して、その通りに運用してくれます。
日本中どこの金融機関も、成果報酬で運用するとなると急にモダンポートフォリオ理論に忠実な提案をしてきます。(笑)

ウェルスマネジメントとプライベートバンキングの違いはほとんどありませんが、ウェルスマネジメントのほうが、より積極的にリスクを取った提案&運用する傾向があるように感じます。

これらのサービスに対して、ほとんどの日本人が、銀行か証券会社の窓口へ行き金融商品を購入しようとすると、手数料稼ぎのカモにされます。

それは金融機関にとって、
銀行や証券会社の個人向け窓口は手数料を稼ぐところ、
ウェルスマネジメントやプライベートバンキングは手数料はおまけで運用益の数%がメインで稼ぐところ
という違いがあるからです。

実際に私も、十数万円の普通預金しか預金をしていない有名な信託銀行へ、積立したい投資信託と口数を決めて、行ったことがあります。
そのとき、
「もっとオススメの商品をご紹介させてください。(全く違う金融商品の)商品説明をしてもよろしいですか?」
と言われ、
「嫌です、購入する商品を決めてきたので、その購入手続きをお願いします」
とはっきり答えたのに、では手短にしますとセールストークをはじめられ、不快な思いをしたことがあります。
「もう結構です、もう貴店には一生何も頼みません。ここが靴屋なら、ほしい靴を売ってもらえず、女性の私に男物のサイズが合わない靴を買えと言われた気分です!だから買いません。今日は口座を解約してもう二度と来ません!」
と言ってその場で預金口座なども全て解約し、その流れで、全く違う系列のネット証券で積立を始めたという経験があります。

私は、一方的に提案された商品を購入せずに、それどころかその場で口座を解約しましたが、おそらく多くの日本人はその手数料稼ぎに流されてしまうのだと思います。
つまり、私のように「もう貴店には一生何も頼みません。口座を解約してもう二度と来ません!と言えないのだと思います。銀行との付き合いだとか、余計なことを考えているうちに、「一括で購入した方が効率が良い」などというセールストークに引っ掛かり、その結果、リスクコントロールをせずに投機ギャンブルをしてしまう人が多いのではないでしょうか。

銀行なんて、逃げますよ。
金融機関に、今まで莫大な利益をもたらしてきた超お得意様の大企業(東芝など)への融資を、資金繰りが悪くなると現在も過去も多くの銀行が打ち切って、逃げました。
だから、個人から巻き上げた手数料なんて「担当者が変わった」で文句を言う先も何もなかったことにされます。
勘の良い読者様は、日本では金融機関に勤める証券マンの離職率が高い理由も、なんとなく見えてくると思います。

VIPサービス(ウェルスマネジメントとプライベートバンキング)に案内してくれない銀行との付き合いって、大切ですか?

あと、先祖代々の本当のお金持ちは、ウェルスマネジメントやプライベートバンキングで、どんな提案をされるのかが、おおよそわかっています。
ここからは私の予想ですが、ウェルスマネジメントやプライベートバンキングを利用する人は、モダンポートフォリオ理論に理解がないけれどお金を持っているような、成金の人が多いのでは、と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク