投資信託の定期買い付けは定額と定量、どっちがお得?

投資信託を毎月積み立てで購入するときに、定額で進められることが多いと思います。

定額というのは、毎月決まった金額で買える分だけ買う、という買い方です。

定量というのは、毎月決まった口数を買うので、値段はその時になってみないと分からないという買い方です。

投資信託を積み立てで購入するときは、毎月定額で購入した方がお得です。
実は、数学的に定額で積み立てた時のほうが運用成績がよくなることが分かっています。

簡単に理由を説明します。

定額の場合は、値段が高い時は少ない口数を購入し、値段が安い時は多い口数を購入することになります。

一方、定量の場合は、値段が高い時も一定の口数を、値段が安い時も高い時と同じ口数を購入することになります。

そのため、一口当たりの平均取得金額が安いのは、定額で積み立てた場合、ということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク