地域分散とは

今日は、地域分散について書きます。

地域分散は、日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、新興国など様々な地域の金融商品を買って、分散することです。

分散することによって、ある国の国債が債務不履行になった時などに、被害を少なく抑えることができます。

分散投資に有名な言葉
「ひとつのかごに卵を全て盛るな」
というのは、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

日本も財政赤字がたくさんありますし、ギリシャが債務不履行になったことは記憶に新しいと思います。
あの時は多くの日本人が対岸の火事だと思っていたことでしょう。
しかし、日本でも同じようなことが、いつ起こってもおかしくはありません。
そうなったときに外貨建ての海外資産に分散しておくことも、必要な備えと言えるのではないでしょうか。

もしも日本が財政破綻をしたら、日本円の価値は暴落しますし、日本の株も債券も同じように暴落していると思います。

そうなったときでも、資産全体の被害を軽減するために、海外の金融資産にも地域分散しておくことが必要だと、私は考えています。

起こってしまったときには、行動するにはもう遅いですからね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク