分散投資

分散投資と聞くと難しく感じると思うので説明します。

分散投資には、いくつか種類があります。

それは主に、

  1. 時間分散(一括買い付けせず、長期にかけて積立で購入する)
  2. 資産分散(株、債券、地金、リートなどに分ける)
  3. 地域分散(国内だけでなく海外の国々を組み合わせる)

の3つです。

この中で、2「資産分散」や3「地域分散」は、資産をいくつも扱うので上級者向きだと感じるかもしれません。

しかし、分散投資の手法は取り入れたほうが、もっと言うと、
時間分散、資産分散、地域分散を全てを組み合わせて運用したほうが、リスクを分散させて長期的に安定した利益を狙うことができます。

以前、ピケティの話でも話題になった
r(リターン)>g(グロース)

一括投機で失敗している人は多いですが、
実は、地道に、そして、暴落時であっても投げ出さず、3つの分散投資を取り入れて継続すれば
gと同等、あるいはgより少し多い程度の利益であれば、
たとえ投資初心者であっても達成可能なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク